2012/11/25 アンゴラ ゴミ清掃

JMASは現地の人々に清掃活動の普及も行っています。その近況を紹介します。
JMASは、特に、ガラス瓶の破片がゴミの大きな問題の一つであり、そのもとになるビンその物を回収しようと近藤担当が大々的に始めています。
清掃、回収協力の子供たち、JMASスタッフが、豊田通商 様からいただきましたノーパンクタイヤのリヤカー山車で目抜き通りを行き(練り歩きたい!?)清掃・ビン回収するのは、村人にまずは何だろかと思ってもらえていることでしょう。
丁度タイミングが合って、お母さんが一緒に清掃しているのを見るのが一番です。(まだまだ、お母さんだけですが)


(左)近藤主任と一緒に空き瓶回収をする子供たち。
(右)ダム水場にも進出、火炎樹が美しい。


(左)JMAS清掃親衛隊の山車が目抜き通りを行く。
(右)清掃はまだお母さんが主。

寄付・ご支援について

あなたのご支援で、各国の子供たちの自立を

寄付の申し込みはこちら
  • 動画を見る
  • sidebtn02
  • loginbtn
  • facebook
 

 

rogo2