ベースの周りの動物たちⅠ

平成27年6月23日

アンゴラ・ベースの周りの動物たちⅠ

 

 アフリカというと、サバンナや草原があり、数多くの動物たちが生息する場所と思いがちですが、長く内戦が続いたアンゴラ国内では、少し様相が違う様です。内戦の為人々は貧困と食糧難のために、家畜を含めたあらゆる動物たちを食べ尽したともいわれています。平和が戻って来た昨今は、カシト州マブバス村にあるJMASのベース内や周辺で多くの動物たちを見かけることができます。ここ3か月位の間に見かけた動物たちを紹介します。

IMG 0848

IMG 0809 

        家畜の豚や山羊は、村中のあちらこちらで見かけます。

 

DSCN0351

DSCN0332 

     水浴びを楽しむインコ?        地雷処理地内で見かけた野鳥

IMG 4493

DSCN2144 

  同じく地雷処理地ないで見かけた野鳥   ベース内の鶏小屋のエサを狙った小鳥

DSCN0394

DSCN0159 

          地雷処理跡地で見かけたトンボと蝶々の仲間

IMG 0580

IMG 0702 

 余りありがたくない動物も見かけます。筑波山の四六のガマの様にゆっくりと歩く毒々しい色をした蛙(写真右)や、ベース内の岩陰に潜む青トカゲ(写真左)などいろいろいます。        

DSCN3001

DSCF3057 

   コンテナハウスの下から這い出た蟻    隊員が捕まえてきたワニの子供?             

ベースへの訪問者猿

CIMG0925 

    ベース内に迷い込んできた猿     以前飼っていた鶏(鳥インフルで減少)            

◎最後は、フェイスブックでも紹介した、JMASの仲間の番犬のジェーマと番猫のアンです。 今ではすっかり隊員たちにも慣れて、アイドル的存在となっています。       

dog002

cat001 

 最近頼もしい顔つきになってきたジェーマ      寝ることが仕事のアン

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寄付・ご支援について

あなたのご支援で、各国の子供たちの自立を

寄付の申し込みはこちら
  • 動画を見る
  • sidebtn02
  • loginbtn
  • facebook
 

 

rogo2