2017年3月カンボジア活動報告

2017年3月カンボジア活動報告

カンボジア王国では、コンポンチュナン州で「不発弾処理に係る能力構築支援事業(第3期)」を、バッタンバン州で「地雷除去に係わる能力構築支援事業(第3期)を実施中です。                                                          

 

1.不発弾処理事業(第3期事業)

   2017年3月1日第3期事業を開始しました。この事業は、不発弾を処理するだけでなく、地雷、ク    ラスター弾を含むERW(戦争残存物)を処理するチームの能力向上を図るもので、座学と実技実習により、一般処理要員から教官要員までの教育を実施します。第2期事業では、6個チーム(30名)に教育を実施しました。第3期事業でも、2期事業同様6個チーム(30名)に教育を行う予定です。4月教育を開始するまでの準備中です。

写真上段左は「カンボジア大使館での署名式」、その右は大使を囲みJMAS職員とCMAC隊員、写真下段は教育打ち合わせの様子と教育用機材の点検中の状況です。

大使館での署名式等

2.地雷処理事業(第3期事業)

   地雷処理事業は、10月8日から第3期事業を開始しました。この事業では、機械と人力による統合  地雷処理教育で、座学と実習により一般処理要員から教官要員までの教育を実施しています。第2期事業では、教導小隊および2個機動小隊(91名)に教育を実施しました。第3期事業では、教導小隊及び2個機動小隊(約90名)に教育を行う予定です。

写真上段左は、人力による地雷処理中、右写真はJMAS職員による小学校での危険回避教育の様子、下段左写真は、除去機による地雷処理中、右写真は海外協力隊シニアボランティアメンバーの研修中の様子

教育中の様子

 3.小学校建設事業

表紙

 svc0302

svc0303

 

svc0304

 

svc05

 

svc06

 

 

 

 

寄付・ご支援について

あなたのご支援で、各国の子供たちの自立を

寄付の申し込みはこちら
  • 動画を見る
  • sidebtn02
  • loginbtn
  • facebook
 

 

rogo2