「孤児院の子供たちとカレーライス」2010/03/07

2010年3月7日(日)、バッタンバン事務所の近くにある小さな孤児院を訪問しました。
以前にもJMASスタッフでここを訪れて子供たちと遊びました。その時、子供たちの大好きな日本のカレーを作って皆で食べました。
 

今日も、高田副主任が陣頭指揮して子供たちと玉ねぎの皮をむいたり、にんじんを切ったりしながら、大鍋いっぱいにカレーを作りました。
カレーができあがると早速、全員で食べました。子供たちは「オイシイ オイシイ」と日本語で言いながら、沢山食べていました。
この孤児院の経緯は、よくわかりませんが、どうも日本人の方の支援で運営されているようです。
また、時間があるときにでも、訪れたいと思っています。
                              タサエンにて 高 山 良 二

高田副主任(後列右端)が指導して作った日本のカレーで昼ごはんを食べました。子供たちは、日本語で「オイシイ、オイシイ」と言いながら一心に食べていました。
小さな子も皆日本のカレーが大好きです。皆、ただひたすら、食べていました。大きい子は3杯も食べた子もいました。
皆で記念写真
寄付・ご支援について

あなたのご支援で、各国の子供たちの自立を

寄付の申し込みはこちら
  • 動画を見る
  • sidebtn02
  • loginbtn
  • facebook
 

 

rogo2