KH

カンボジア

2002年より 継続支援
活動報告

LA

ラオス

2006年より 継続支援
活動報告

AO

アンゴラ

2009年より 継続支援
活動報告

PW

パラオ

2013年より 継続支援
活動報告

 

カンボジア報告

カンボジアにおける地雷/不発弾処理事業

カンボジアでのJMAS活動状況についておおまかにご説明します。

カンボジア・CBPD(11月)活動状況

カンボジア・CBPD活動状況(11月分)

1 全 般

 ① 地雷処理活動及び能力構築教育が実施されました。

 ② カンボジアの代表が交代されました。

 

カンボジア・SVC(11月)活動状況

カンボジア・SVC活動状況(11月分)

1 全 般

   チサン村の既整備道路の補修を実施しました。

カンボジア・ERW事業(11月)活動状況

カンボジア・ERW事業活動状況(11月分)

1 全 般

 ① ERWトレーニングチームに対する第4期教育の実施

 ② JICA等見学者対応

カンボジア・CBPD事業(10月)活動報告

カンボジア・CBPD活動状況(10月分)

1 全 般

 ① 在カンボジア大使館において2015年度CBPD調印式が実施されました。

 ② 大使館による地雷処理事業事後調査が行われました。

 ③ 地雷処理活動及び能力構築教育が実施されました。

カンボジア・ERW事業(10月)活動報告

カンボジア・ERW事業活動状況(10月分)

 

1 全 般

 第4期の教育がCMACトレーニングセンターにおいて開始されました。

 

カンボジア・SVC事業(10月)活動報告

カンボジア・SVC活動状況(10月分)

 

1 全 般

   チサン村の既整備道路の補修を実施しました。

 

北陸大学研修チームによるJMAS研修

1 全 般

  8月24日(月)~25日(火)の2日間、北陸大学(石川県金沢市)から田中教授率いる24名の学生が、カンボジア・バッタンバン州の JMAS地雷処理支援(以下、CBPD)事業及び安全な村づくり事業(SVC) の各現場を研修で訪れました。日本にいてもカンボジアの情報は簡単に入手できますが、実際に現場に訪れ、自分の目と耳と肌で感ずるのとは随分と違うという事を認識して貰いたいと思い、地雷処理現場やインフラ整備現場の研修だけではなく、現地で暮らす人々との懇談や、不便な環境下でも楽しく生活する子供達の通う小学校への訪問を計画しました。

インターンシップ体験記

インターンシップ体験記(2015年8月17日~25日)

 

 今回のJMASカンボジアでのインターンを通じて、様々な活動現場を訪れ、その活動を学ぶ機会を得ました。私はこれまでJMASとはどういう組織なのか、どの様な活動をしているのかを知りませんでしたし、同様にCMACというカンボジアの組織についても、地雷処理活動にどれだけの労力を費やしている組織化という事も知りませんでした。

家族そろってJMAS現地見学

2013.9.4

 

◇はじめに

 8月下旬、カンボジアで勤務する勝尾様のご家族が、JMASが勤務するバッタンバン州の地雷処理現場及び地域復興支援にあたっているSVC(Safety Village Construction)現場を見学されました。また、「コマツの支援によりJMASが建設した小学校を訪問したい。」とのご両親の希望で、2010年度建設のチョロノッペ小学校を訪問しました。

 勝尾様からは、「息子や娘に、地雷撤去と地域復興活動現場で働くJMASやSMACの人達の姿や、カンボジアの子供たちの生活を見せてやりたい。」との相談が、5月頃ありました。それ以降、勝尾様との会話の中で、お子様二人の成長を願いつつ、単身で海外勤務されている父親としての愛情を強く感じさせられるお話を何度となく耳にしていました。そんな経緯の現地見学でしたが、以下、写真を中心とした編集から、JMASの活動及び親子の愛情などを強く感じて頂けたらと思います。

 

◆写真で綴るJMAS見学

◎「おはようございます。勝尾賢(けん)です。」「真衣(まい)です。」の挨拶でスタートした勝尾ファミリーのJMAS活動現場の見学です。

image001

image002 

  JMASカンボジア・バッタンバン事務所  日本からのお土産です。(事務所にて) 

竹田インターンの体験感想文

2015/03/08

竹田インターンの体験感想文

 

2月23日より3月2日まで、JMASのカンボジア・プノンペン事務所でインターンをさせていただきました。

1週間という限られた期間の中で、事務 所の皆様には最大限の努力をしていただきました。

まずはこの場をお借りして、心からの感謝を申し上げたいと思います。

本当にどうもありがとうございました。

新井様と飯塚様によるJMAS現地見学ドキュメントレポート(2)

2015/03/06

新井様と飯塚様によるJMAS現地見学ドキュメントレポートⅡ

〇 対人地雷爆破処理時
突然の「ド~ン」の爆破音に、お二人とも驚き、「体全体で風圧(爆風)を感じたよね」と興奮していました。

まだ?まだ?いつ爆発?       爆破の瞬間を緊張した表情で待つ

寄付・ご支援について

あなたのご支援で、各国の子供たちの自立を

寄付の申し込みはこちら
  • 動画を見る
  • sidebtn02
  • loginbtn
  • facebook
 

 

rogo2