処理実績

処理実績

累計処理数総括表

(2014年9月末現在)

不発弾処理重量(kg)
カンボジア ラオス 合計
598,985 89,520 688,505
不発弾/地雷  処理発数
事業区分 カンボジア ラオス アフガン アンゴラ 合計
処理総数 306,526 75,249 11,295 186 389,559
地雷(内数) 11,201 53 7,624 46 18,923
地雷原処理済面積(㎡) 探査・処理終了面積(㎡)
カンボジア アフガニスタン アンゴラ 合計 ラオス
CBD CID/SVC
3,900,879 8,582,037,535 2,479,071 1,540,475 8,589,921,887 29,035,922

注:処理重量はカンボジア及びラオスの不発弾処理事業の集計です。

CBD=住民参加型地雷処理事業 CID/SVC=地雷除去機による地雷処理事業

総括表地区別内訳処理重量(カンボジア及びラオス)へ

地区別処理発数総括表へ

各事業毎の細部「月/弾種別処理実績」は下記をクリックして下さい。

1  カンボジア不発弾処理事業

2  ラオス不発弾処理事業

3  ラオス・サラワン&チャンパサック不発弾処理事業

4  カンボジアCBD地雷処理事業(2012年9月終了)

5  カンボジアCID地雷処理事業(2009年3月まで)

6  カンボジアSVC・IMC地雷処理事業(2009年6月~)

7  アフガニスタン地雷処理事業(2013年3月終了)

8  アンゴラ地雷処理事業

JMASは2002年7月1日からカンボジア王国プレイベーン州において不発弾処理活動を開始しました。

2004年5月28日からカンボジア王国のプレイベーン州に加え、同国のスバイリエン州及びカンダール州の3つの州に活動地域を拡大しました。

2006年5月30日からカンボジア王国のバッタンバン州で地雷処理活動を開始しました。

2006年2月28日からラオス人民民主共和国シェンクワン県において不発弾処理活動を開始しました。(ラオスへの専門家の派遣は2006年6月から)

2006年8月4日からカンボジア王国東南部における不発弾処理活動はコンポンスプー州コンポンチャム州の2つの州を加え5つの州に活動地域を拡大しました。

2006年11月9日アフガニスタンにおける地雷・不発弾処理事業が開始され、2007年2月から実際の処理作業が開始されました。

2008年8月からカンボジア王国バッタンバン州で地雷除去機による地雷処理活動を開始しました。

2009年4月からアンゴラ共和国・ベンゴ州で地雷除去機による地雷処理活動を開始しました。

2010年4月からラオス人民民主共和国アッタプー県において不発弾処理活動を開始しました。

2011年6月からラオス人民民主共和国サラワン県にける官民連携不発弾処理事業を開始しました。

2012年8月からラオス人民民主共和国チャンパサック県にける官民連携不発弾処理事業を開始しました。

2012年9月でカンボジアCBD事業は終了し、IMCに統合されました。

2013年3月でアフガニスタン事業は終了しました。(処理作業は2012年12月で終了)