地雷処理活動

『地雷』『対人地雷』『対戦車地雷』及び『その他の地雷』に区分できます。
地雷危険地帯にはこれらの地雷が混在して存在しています。
その上、不発弾も混在しています。これらに対する処理取扱要領は、様々です。

それは、対人地雷、対戦車地雷及び不発弾等の破裂の危険性、破裂強度、探知発見の困難性及び不完全性、更には危険地帯の戦術的特性、地形特に植生、機械力使用の可能性等によって処理取扱要領が変化するからです。

一般的な地雷処理要領の一例について述べれば次の通りです。

 

  1. マーキング

    地雷の危険がある地域を画定し、縄を張ったり線を引くことをマーキングと言います。
    レベル1サーベイとも言います。現地における聞き取り、戦闘経過からの判断、現地の部分的抽出探知調査等によって行います。広い意味では地雷処理活動の一部ですが、この活動はマーキングティームを編成して実施されるため地雷処理の前工程です。

  2. 地雷処理

    地雷処理は、一般にはディマイニングティームを編成して実施されます。
    その実施要領は、状況によって色々です。
    地形……平坦地か傾斜地か…機械は入れるか
    地質……硬いか柔らかいか…特異な成分は
        …探知機器の性能に与える影響は
    地中物……石や鉄片や金属片の多寡     
    地表面植生……草なのか蔓なのか潅木なのか
          …鋏で切れるのか鋸で切れるのか
    予想される地雷、不発弾の種類…
          草、蔓、潅木除去時の危険性、
          関係技術資料の有無、安全化の可能性、
          破裂強度、
    使用可能な機械、装備品の数量、性能
    気象条件……活動隊員に与える影響
    後方支援環境……活動隊員の衣食住、機械、装備品の補給整備の可能性  
    運用可能な隊員数
    使用可能な資金
    使用可能な時間 
    地質……etc

不発弾処理活動

不発弾処理は、代表的な3K:キツイ、キタナイ、キケンと言うよりキケン、キケン、キケンの3K仕事です。キケン、キケン、キケンの仕事を安全に実 施するためには高度な専門的知識が必要です。ちょうど「ネズミ捕り」に仕掛けられた、チーズをネズミが掠め取るような仕事です。ネズミ捕りの仕掛けについ て完璧に理解した上でなければネズミはチーズを取りには行かないでしょう。器用で最新の仕掛けまで理解し、最近の失敗事例まで研究し尽くした賢いネズミは 美味しいチーズを家に持って帰り、子供に与えることが出来ますが、不器用で頭も悪く、ただ元気で無謀なネズミは、命を落としてしまいます。
JMASは、目下、カンボディアにおいて小さな「日の丸」を掲げています。

不発弾の処理手順は、下記の番号順に実施されます。

(1)発見

(2)識別評価

(3)安全化

(4)回収

(5)爆破処分等

作業の流れを、現地カンボジアにおける実際の「不発弾処理」の画像により説明します。

発見

▲対戦車ロケット弾の尾翼の部分だけが見えています。

▲カンボディアの道路上で発見された砲弾。注意喚起のために危険標識を立てることがあります。

▲住民が処置に困って、集めたものもあります。

識別評価

▲弾種は?安全か?否か等、識別と評価を行います。
安全化

▲信管を離脱して安全化します。
爆破処分等

▲爆破準備。穴を掘って不発弾を置き、
爆薬をセットします。

▲爆破。「爆破成功!」

“Three”、”Two”、”One”、の秒読み後に、「Fire」の点火号令で点火手が点火します。
(カンボディアでの不発弾処理の場合)

「点火用意~。 点火!」の爆破号令で点火手が点火します。
(陸上自衛隊の場合)
寄付・ご支援について

あなたのご支援で、各国の子供たちの自立を

寄付の申し込みはこちら
  • 動画を見る
  • sidebtn02
  • loginbtn
  • facebook
 

 

rogo2