ラオス・チャンパサック県副知事へ土地安全化完了を報告

2013/7/30

ラオス・チャンパサック県副知事へ土地安全化完了を報告

報告者:黒川純一

2012年7月20日から開始したチャンパサック事業は、チャンパサック県からの要請により実施していましたが、予定の土地面積195.1ヘクター ルの土地安全化が完了したので、関係するラオツムラ社(今後土地を使用して薬草を栽培)及びラオス不発弾処理会社(JMASと契約し土地の安全化作業を実 施)とともにチャンパサック県を訪れ、担当の副知事に完了を報告しました。

ブントーン副知事は、事業実施期間中に土地確保が滞った際は解決に向けて尽力し、JMASが主催した調整会議に参加するなど事業を理解し協力していただい た方ですが、無事終了にこぎつけたことに対し喜んでいただきました。次期事業についても同県で実施予定であり、引き続き支援をお願いしています。
また、パクソン郡役場を訪問し、事業実施に当たり直接住民との接点として尽力していただいたパクソン郡ブンマーク副郡長に、お礼と次期事業への協力をお願いしました。


副知事と記念撮影      土地安全化完了を報告

パクソン郡副郡長へ事業推進のお礼