2020年11月パラオ活動報告

2020年11月パラオ活動報告

爆雷処理及び技術移転教育

ヘルメットレック(沈船)の船倉内に残置されている爆雷処理を継続実施中です。11月は、移送準備の他、爆破場へ爆雷4個を移送し、NPA(ノルウェーのNGO)と共同して処分しました。 (今期処理累計 36発)

ヘルメットレック(通称)
マラカル湾内の水深 15~35mに沈んでいる旧日本軍の徴用輸送船です。船首側が深く傾斜し、船倉内には、爆雷が積載されています。

水中保管中の爆雷 (移送前)

移送準備(作業艇に移送)

爆雷の陸揚げ

爆破場への積み下ろし
(NPA との共同作業)

 

また、コロールレンジャー隊員(6 名)に対し、爆雷等処理のための水中作業要領を段階的に教育して、爆雷処理要領の技術移転実施中です。


潜水開始

爆雷等探査開始

目標(爆雷) 発見

移送準備

揚収開始

筏への吊架(移送準備完了)