2021年6月ミクロネシア活動報告

2021/10/7

2021年6月ミクロネシア活動報告

 今月は、神国丸に滞留する漏油を計2,060L回収してチューク州政府へ引き渡しました。
 また、技術移転訓練として、環境保全や水産資源の保護に任ずるチューク州職員に対し、任務遂行上必要とされる専門知識や作業上必要となる潜水技術、実際の油回収手順等について訓練を行うとともに、歴史遺産の保護に任ずる職員に対し、戦没船の3D画像作成に必要な技術について訓練しました。

1 戦没船からの漏油回収

 6月1日から30日までの15日間、神国丸の船内に滞留する漏油を小型ポンプを用いて回収し、油水分離を行った後に州政府へ引き渡しました。


油量を計測する専門家

船内天井の油溜まりの状況

作業のため船内に入る州政府職員

油回収ホースを撤収する州政府職員

2 技術移転訓練(潜水技術、油回収、3D画像データ処理のOJT(現任)訓練)

 6月1日から30日までの15日間、環境局職員及び水産局職員に対し潜水訓練及び戦没船から漏油を回収する作業の場を活用した油回収訓練を行うとともに、歴史保存室職員に対し3D画像データとなる写真撮影訓練、画像処理訓練を行いました。


潜水訓練にエントリーする州政府職員

ダイビングコンピュータを用いて減圧中の州政府職員

指示により安全停止を行う州政府職員

油回収訓練に向かう州政府職員

戦没船の外観をモニタリングする州政府職員

3D画像処理訓練中の州政府職員