2018年10月ミクロネシア活動報告

2018年10月ミクロネシア活動報告

1 ダイヤフラムポンプによる漏油回収で回収量増大

圧縮空気駆動の小型ポンプですが、1日の作業で270LBの漏油が回収出来ました。


ダイヤフラムポンプをセットする専門家

稼働中のダイヤフラムポンプ

漏油でいっぱいになった100L容器を陸揚げする専門家

2 ニューギニア航空機事故機からJMAS専門家がレコーダー等回収

9/28発生したニューギニア航空機の事故に際し、連邦警察の要請を受け、海中に沈んだ航空機から事故調査に必要な機材 Flight Data Recorder 等4品目を回収しました。ミクロネシア大統領が来島され、関係者を招き、慰労と感謝の夕食会が開催され現地JMAS職員が参加しました。


左から井上代表、ミクロネシア大統領、金子専門家、牧専門家