2019年1月ラオス活動報告

2019年1月ラオス活動報告

ラオス人民民主共和国では、シェンクワン県におけるクラスター子弾処理機械化事業を推進しています。1月はカム郡ハイニエン村及びピー村で処理活動を実施し、39発のクラスター子弾を探査発見し破砕処理しました。この間、15.3haの土地を安全化しました。


次の処理地に移動のため積込み作業開始

泥落としも大事な整備作業

正確な探査を期すため、地面に区画表示中

畑のあぜ道もしっかりと探査が必要

比較的珍しいBLU-24を発見

処理作業を見学中の協力隊員(JICA)の皆さん