2019年3月ミクロネシア活動報告

2019年3月ミクロネシア活動報告

1 戦没船清澄丸・神国丸からの漏油回収

ダイヤフラムポンプ(圧縮空気駆動の小型ポンプ)を使用し、3月は清澄丸及び神国丸から合計1,260LB(約571Kg)を回収しました。

(写真左)ホースを回収点まで延長する専門家
(写真右)回収点でノズルをセット

2 ニューギニア航空事故機最終調査を支援

連邦政府の要請により、事故機引揚げ前の最終調査を実施しました。実施内容は、潜水調査・撮影協力、ライフラフト(救命ボート)1個を引上げました。今回の協力に対し連邦政府運輸省事故調査官からJMASに対し感謝の意が示されました。
また、3/5に堀江大使が現地事務所に来所され、N連事業、事故機調査協力に対し激励を受けました。

(写真左)事故機からライフラフト(救命ボート)を回収する専門家
(写真右)事故調査官(両脇)と専門家達