2019年5月ラオス活動報告

2019年5月ラオス活動報告

 ラオス人民民主共和国では、シェンクワン県におけるクラスター子弾処理機械化事業を推進しています。5月も引き続きプーク郡ホアッタン村において処理活動を実施し、合わせて139発のクラスター子弾を探査発見し破砕処理しました。
この間、4.9haの土地を安全化しました。また、機械操作・整備の技術移転を併せて行い現地要員の能力向上を図りました。


地道な探査作業

発見されたクラスター子弾

灌木をぬって処理中のコマツ除去機

操作教育の様子(1)

操作教育の様子(2)

日本人専門家による教育中の様子