平成20年度「アンゴラ共和国における地雷処理地域復興支援事業」

平成20年度事業完了報告

 

(1) 成果と達成度

平成20年6月12日付日本NGO連携無償資金協力贈与契約に基づく「平成20年度アンゴラ共和国ベンゴ州における地雷処理・地域復興事業」が、平成21年5月31日をもって完了いたしましたので、関係書類を添え、下記のとおり報告いたします。

 

 

1.事業の実施期間:平成20年6月13日~平成21年5月31日

2.事業の実施成果 (要約):

 

 約6週間の地雷除去機及び建設機械の操作・整備事前訓練を実施後、適任者を現地スタッフとして雇用し、JM ASの地雷処理専門家のもと、INAD(アンゴラ国家地雷除去院)と連携して約30,000㎡の地雷原を処理し、同地を整地するとともに事前訓練及び除去事業等を通じスタッフ各人に各々の職務に応ずる技術(機械操作・整備、事業管理等)に関して、個人評価表により目標到達度を評価しつつ技術移転及び技術レベルの向上を図った。
 事業開始の大幅な遅れにより、地雷除去面積は当初計画に比し僅かにとどまったが、技術移転に関しては、事前訓練等を通じ、全員初年度目標に概ね到達した。

 

(2) プロジェクトの自己評価

 アフリカにおける日本のNGOによる初めての地雷処理であったため、NGO認定等準備に長日時を要し計画は遅延したが、その間の諸調整を通じアンゴラ共和国の関係機関、特にINADと緊密な関係を構築することが出来、その後の事前訓練及び地雷除去活動におけるJMASの知識・技能の高さと相俟って規律ある仕事ぶりが、彼らに大きなインパクトを与えるとともに信頼感の醸成に繋がった。また、各種広報活動、実作業により地元住民の継続的支援に期待も高まっていること及び各支援企業の継続的支援を確約する等はプロジェクトの妥当性・有効性を示しているものと思料する。

 

(3) 今後の方針

 2009年度は、引き続きベンゴ州マブバスにおいて昨年度末設営したJMASアンゴラ現地事務所・宿舎を拠点として、機械による地雷処理・地域復興事業を着実に実施するとともに個人評価表をもって厳格に評価することにより確実な技術移転を行う。    
 地域復興事業においては、地雷除去及び除去地・道路の整備の他、住民に対し事業終了後の自立発展に必要な事業(モデル菜園による農業心の育成、給水等)を実施する。

 

3. 日本NGO連携無償資金精算額:99,806,960円(日本NGO連携無償資金贈与額より266,269円の減)

 

4・会計報告
  別紙参照

 

                                                                                              (様式4-a)

日本NGO支援無償事業資金収支表

 

・実施団体名 : 特定非営利活動法人 日本地雷処理を支援する会
・事業名(実施国) : 平成20年度アンゴラ共和国における地雷処理。地域復興事業(アンゴラ共和国)
・事業期間

: 自 平成20年6月13日 - 至 平成21年5月31日

 

      支援無償資金   その他の資金  
【収入の部】            
  総収入     100,073,229   18,387,644  
  支援無償資金収入     100,034,658   18,387,644  
  (うち差益)     (98,934)
  (20,044)
 
  利息     38,571    
             
【支出の部】            
1 現地事業実施経費            
(1)現地事業費            
 (イ)資機材等調達費     31.349.459      
 (ロ)機材輸送等費     11,765,497      
 (ハ)専門家派遣費            
   (a)専門家派遣費     3,427,306    954,643  
   (b)専門家謝金     15,164,000    4,034,403  
(2)事業管理費              
 (イ)現地スタッフ雇用費     7,522,757   232,562  
 (ロ)現地事務所借料     5,320,214   3,567,600  
 (ハ)機材借料・修理費     3,941,973   1,638  
 (ニ)通信費     1,497,888   63,819  
 (ホ)旅費・移動費     3,692    
 (ヘ)印刷等の経費     733,105   178,054  
 (ト)人材派遣費     2,974,122   389,526  
 (チ)保険料     1,391,949   210,060  
             
2 本部事業実施経費            
   本部スタッフ人件費     13,106,373   397,700   
   通信・輸送費     181,177   233,316   
   雑費     407,852   281,077  
   差額         478,501  
           
3 外部監査費     1,009,596      
             
総支出     99,806,960   11,022,899  
             
残  高     266,269   7,364,745