平成16年度「カンボジア東部における不発弾処理事業(1期)」

平成16年度事業完了報告

 

平成16年5月28日付日本NGO支援無償資金協力贈与契約に基づく「カンボジア南東部における不発弾処理事業(1期)」が平成17年5月28日をもって完了いたしましたので、下記のとおり報告します。

1 事業の実施期間: 平成16年5月29日~平成17年5月28日

2 事業の実施成果(要約):

 

(1)達成度

 不発弾24,894個、地雷689個を処理して363ケ村を不発弾及び地雷の脅威下から解放した。今年度の活動重点地域の安全化は概ね達成された。又、啓蒙活動及び技術移譲も計画どおり実施した。

(2)評価

 処理活動と啓蒙活動の相乗効果並びに現地住民の被害防止意識の向上により、前年度同期に比して不発弾及び地雷による被害者を1/2に減少することができた。特に、カンダ-ル州では1/3に減少することができた。今期の事業計画は妥当であり経費使用も効率的且つ有効的であった。

 (3)今後の方針

 引続き2期事業を実施する。2期事業においては従来の活動に住民参加型被害防止活動を加え被害の更なる極限化に努める。実施期間は平成17年7月12日~平成18年7月11日である。

3 日本NGO支援無償資金精算額:

   契約額685,927米ドルより42,595米ドルの減であった。

4 会計報告  別紙「無償事業資金収支表」のとおりである。

 

                                              別紙

 

日本NGO支援無償事業資金収支表(ドル建て分)

 

実施団体名:日本地雷処理を支援する会

事業名(実施国):カンボジア南東部における不発弾処理事業(第1期)

事業期間:2004年5月29日~2005年5月28日

 

  無償資金 自己資金
1 収 入 $550,927.00 $14,690.00
2 支 出    
1)現地事業費    
 ①直接費目    
  (a)役務調達費 $1,017.50 $500.00 
  (b)資材調達費 $43,459.55  
  (c)施設調達費 $20,519.76  
 ②ソフト費目    
  (a)現地スタッフ雇用費 $121,652.69  
  (b)プロジェクト管理費 $132,226.44 $7,680.00
  (c)人材派遣費

$14,255.96

$390.00 
     
2)本部プロジェクト実施経費    
 ①本部スタッフ人件費(専門家謝金) $181,690.28  
     
3)外部監査費 $5,670.00  
     
為替差損(注1) -$5.19  
     

 

総支出

 

 

$220,486.99

 

$8,570.00

     
残高 $30,440.01 $0.00

(注1)カンボジアで一般的に流通しているUSドルと現地通貨のリエル間の為替差損である。

 

日本NGO支援無償事業資金収支表(円建て分)

 

実施団体名:日本地雷処理を支援する会

事業名(実施国):カンボジア プレイベ-ン州における不発弾処理事業(カンボジア)

事業期間:2004年5月29日~2005年5月28日

 

  無償資金 自己資金
1 収 入(注2) 14,755,500 3,093,040 
2 支 出    
1)現地事業費    
 ①直接費目    
  (a)資材調達費 1,260,000  
 ②ソフト費目    
  (c)人材派遣費

1,261,558

1,931,260 
     
2)本部プロジェクト実施経費    
 ①本部スタッフ人件費 7,984,158  
 ②保険費 405,270 278,880 
 ③本部会議費 139,680  
 ④本部通信費 296,983  
 ⑤プロジェクト資料作成費 866,700 882,900 
 ⑥雑費 698,516  
     
     

総支出

為替差損(注3)

12,912,865

-514,093

3,093,040
     
残高 1,328,542 0

(注2)在カンボジア大使館より入金されたドル額を、本部事務所にて収入計上した日の東京三菱銀行TTMにて算出した円貨額である。

(注3)予算査定時のTTM値と収入計上時の相違により発生した為替差損である。