2011年5月18日 事務局たより(第177号)

 2015/3/18

Mercy Relief一行がJMAS事務所へ来所 2011年5月17日(火)、JMASが、東北大震災救援活動に2ケ月間、協働しましたシンガポール唯一の国際活動NGOのMercy Relief(MR) 副会長Ong Bon Chai 氏一行が、JMAS事務所を訪問されました。
同会は、発災数日で先遣隊を日本に派遣し、3月18日からJMAS員とともに秋田、岩手、及び宮城各県を行動し、被災された方々に対し、生活用品、レトルト食品、最近では生鮮食品、学童への健康飲料等を提供し、また、高額の冷蔵庫、冷凍庫を提供され、これからも学童に対する健康飲料等や、物資集積所に対するレトルト食品が提供される予定です。
MRの皆さんは、事務所において、JMASの地雷・不発弾処理、地域復興支援等の活動紹介ビデオで理解を深められるとともに、双方の楯を交換しました。Ong副会長からは、JMASの協働によってシンガポールの人々の大きなご寄附を被災地に円滑かつ効果的に届けることができたことに謝意が表され、野中理事長は、日本に対する大きなご支援をいただいたこと、また、JMASが初めて災害救援を実施でき、学ぶことが多かった点などに謝意を表し、将来の協働を約しました。
被災現場での活動は終了しましたが、引き続き、物資集積所への食糧の提供で、6月も連絡の協働活動は続きます。
Mercy Reliefの皆様、シンガポールから大きなご支援を届けていただき、誠に有り難うございます。今後とも宜しくお願い申し上げます。